デイトナ「スマートフォンホルダーWIDE」を取り付けました

アイテム紹介

最終更新日 2024年4月11日

マジェスティSに付けていた中華製のスマホホルダーがどうもダサく感じてきたので、デイトナのちょっと良いスマホホルダーを購入しました。

created by Rinker
デイトナ(Daytona)
¥3,627 (2024/04/21 19:08:55時点 Amazon調べ-詳細)

デイトナ製と聞くと、少しお高いイメージがあったんですが、意外と安かったです。

リジットとクイックという2タイプありますが、取り外すつもりはありませんのでリジットを購入しました。

リジット…がっちりと六角レンチでベースを固定するタイプ
クイック…リング部分でキュッと閉めてベースを固定するタイプ
→(取り外ししやすい≒盗られやすいかも?)

開封して、自分のスマホサイズに合うように各パーツを調整

箱から出すとこんな感じです。取り付けに必要な六角レンチがついてくるのは親切ですね。

が、説明書を見てもいまいちまず何をしたら良いのかわからない…

私はiPhone11(古っ)を使っているんですが、Root.Coのカバーを取り付けているので、スマホ全体のサイズは結構大きいです。(※下記リンクはiPhone15用です。iPhone買い替えてもコレを使おうと思うぐらい気に入っています)

created by Rinker
ROOT CO.√
¥3,960 (2024/04/21 19:08:56時点 Amazon調べ-詳細)

ということで、まずは、サイドの爪部分を大きめサイズに変更する必要があります。
赤いプラスチックで取り付けされているのですが、少しサルのように悩んだ末、取れました。

赤いプラスチック部分をマイナスドライバーで上に押し上げるととれます。

ワイドのものと交換して、赤いプラスチックを上から押し込んでロックすればOKです。

また、高さもノーマルのものでは小さかったので、交換です。こちらは背面のネジで簡単に取れて交換できました。

マジェスティSに取り付けします

では、取り付けていきます。
今回もDr.Rubberとの比較をしたいので、まずは付属しているリングで取り付けします。

こちらが付属のスペーサーです

プラスチックの輪っかが2つ付属していますが、22.2Φ用はのリングをまずはハンドルに取り付けます。

リングを覆うようにベース部分を押し当てて、
(※写真ではスマホケースもついていますが、ベース部分だけでつけた方が楽です。)

リングの輪っかに円柱状のパーツを(写真取れていませんが、六角レンチで最初に外しておきます)押し込むんですが、ここで注意です。

パーツにネジを固定する穴があるんですが、これを手前の穴と合うように入れてください。(画像の赤い部分です)

こんな感じに押し込んで、穴が一直線上にあることを確認して、

ボルトで固定します。

付属している六角レンチでしっかり締めます。

スマホホルダー本体の調整も行います。(ベースから設定していたら、ここで本体を取り付けとなります)

ベースで調整するのは上下の向きだけです左右の向きは多少ズレていてもベースとスマホホルダーの間に噛ます丸いプラスチックで可能です。

デイトナ「スマートホルダーWIDE」標準部品での振動テスト

さすがデイトナですね。標準部品でも中華製のものよりも振動はマシな感じがします。

ハンドル装着部品をDr.Rubberに変更します

では、変更します。比較するとこんな感じです。正直入るか心配です。
※上が標準部品、下がDr.Rubber(22.2Φ用)

取り付けにだいぶ苦戦しましたが、下記画像のように、Dr.Rubberの途切れ目をスマホホルダーのベースの途切れ目に合わしてあげれば、まだなんとかなりそうです。

なんとか取り付け完了です。(だいぶ苦戦しましたが、いけました!)

デイトナ「スマートホルダーWIDE」Dr.Rubberでの振動テスト

今回はなるべく同じルートで走ってみました。やはり加速時の細かい振動に差がでていますね。

ということで、取り付け完了しました。
デイトナからは振動対策用のアイテムも出ていますが、それもつけたらもう無振動になるんじゃないでしょうか?(笑)

created by Rinker
デイトナ(Daytona)
¥3,627 (2024/04/21 19:08:55時点 Amazon調べ-詳細)

今のところ、Dr.Rubberとの組み合わせで必要十分だと思っていますが、時間に余裕があればまた買って試してみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました